大田エリア 葬儀豆知識

喪主様や、遺族・親族様が、都会から大田エリアへ戻られた際、さまざまな風習により、
都会とは違った通夜・葬儀の流れ、葬儀社や地区の方々との関わりなど、
戸惑いを感じられた方が多数いらっしゃったと思います。

ここでは、大田エリアにおける風習をご紹介しようと思います。

尚、地区や自治会によって、さらに、さまざまなやり方がありますので、
多少違うこともありますのでご了承ください。


葬儀会場について

主に、自宅・寺院・自治会館などの近所の会館で行われます。
ほとんど畳もしくはじゅうたん敷に座って葬儀を行います。


葬儀屋と世話人

都会にお住まいの方や、葬祭会館の葬儀が主流の地域にお住まいの方は、葬儀社が最初から最後まで、世話をするものと思われていますが、大田エリアには世話人という風習があり、実際に地元に居住してない方にとって、戸惑いを感じられる方がいらっしゃいました。

大田エリアでは、亡くなられた方のご近所の方が通夜・葬儀の世話人になられます。

世話人の方の主な役割は、
帳場で香典の受付、お食事の準備や接待、墓の掃除や納骨の準備・手伝いなどなされます。

葬儀社の主な役割は、
祭壇の準備などの式場設営、通夜・葬儀の司会進行、などです。

立場的には世話人さんが、葬儀社よりも上になります。
葬儀社の独断の判断で動くことはせず、世話役の方と相談しながら、準備を進めるのが、
こちらの地域でのやり方です。
葬儀社は世話人さんのサポート役として、通夜・葬儀がスムーズに進むように心がけます。
また葬儀社は、導師様方・ご遺族・世話役のパイプ役をするほか、会葬者への案内も担当します。


出棺について

大田エリアでは、ほとんどの地区で、出棺を通夜の前にします。
都会や他の地域と大きく異なる点です。
通夜・葬儀は骨葬でします。
都会や他の地域にお住まいの方は、ご注意ください。


通夜・葬儀について

ここでは「全てこのようになります」とは申し上げられませんが、大田エリアで門徒数の多い、
浄土真宗・浄土宗・曹洞宗・日蓮宗において、一般的な通夜・葬儀をご紹介します。

<通夜開式時間>夏場PM7:30〜、冬場PM7:00の開式が一般的です。
            (だいたい春分・秋分の日後が切り替わる時期です)
<通夜の流れ> 開式→読経→ご導師の法話→遺族親族代表挨拶→閉式 

 

<葬儀の開式時間>一般的なのがAM10:00〜です。
            (諸事情により午後からの場合もあります。)

<葬儀の流れ>弔電の拝読→開式→読経(導師・法中焼香)→喪主焼香→弔辞→代表焼香→
           →遺族親族焼香→会葬者焼香→遺族親族代表挨拶→閉式
           

<ポイント>  ・通夜での焼香がありません。 
          ・通夜と葬儀の両方で遺族親族代表挨拶があります。
          ・通夜の会葬者が葬儀の会葬者が多いのがこちらの地域の特徴。


葬儀終了後(納骨など)

葬儀が終わった後、こちらの地域では、納骨を直後に行うことがほとんどです。
(ご遺族様の意向で、四十九日目に納骨される方もいらっしゃいます。)

納骨後、のべのお勤めをし、導師と一緒に遺族親族は膳を食べます。

膳を食べ終わった後、ご遺族の方は、葬儀の世話役の皆様に御礼の振る舞いをします。

葬儀社は会場設営物の撤去が終わり次第、式場を後にします。